2009.9.13 Kamakura 鎌倉

Camera: EOS 5D
90mm lens comparison: Angenieux P1 - Leitz Colorplan - Leitz Ermoarit - Kino Plasmat

P.ANGENIEUX PARIS F.90 1:1.8 TYPE P1 No 234342 (Ernostar type)
LEITZ WETZLAR GERMANY COLORPLAN 1:2.5/90mm (Unilite type)
ELMARIT 1:2.8/90 LEITZ WETZLAR 2087437 (Hektor type)
Hugo Meyer & Co Gorlitz Plasmat f:1.5 F=9cm Nr. 582679 (Kino Plasmat)

LeitzのColorplan f2.5/90mmがUnilite型だと分かったので、ちょっとなじめに評価してみました。比較用に、型の違う90mmレンズを3本選びました。F2.8という微妙な絞り値で、いったいどのくらい差が出るのか見る企画です。

Angenieux P1 1.8/90mm 「世界のライカのレンズ Part 4」(写真工業出版社)より引用


Leitz Colorplan 2.5/90mm ksmt.com描き起こし


Leitz Elmarit 2.8/90mm 「ライカのレンズ」(写真工業出版社)より引用


Kino Plasmat 1.5/90mm Vade mecumより引用


90mm lens comparison: Angenieux P1 - Leitz Colorplan - Leitz Elmarit - Kino Plasmat
Stopped down to F=2.8 for all pictures except for Colorplan F=2.5.
全てF=2.8に絞って撮影。ただしColorplanは絞りがないのでF2.5開放
Thin clouds were moving so fast that ambient brightness changed during a test.

Test 1


Angenieux P1 1.8/90 ---- Leitz Colorplan 2.5/90 ---- Leitz Elmarit 2.8/90 ---- Kino Plasmat 1.5/90
Kino Plasmat以外は似ています。ピクセル等倍で見ると、Elmaritは戦前のHektor 1.9/73mmに似ているようです。レンズ構成図から予想した通りなので、うれしくなります。Kino PlasmatはF2.8でもいい味を出しています。Makro Plasmatの開放に近いような気がします。

Test 2


Angenieux P1 1.8/90 ---- Leitz Colorplan 2.5/90 ---- Leitz Elmarit 2.8/90 ---- Kino Plasmat 1.5/90
日陰だと差が見分けにくくなります。ピクセル等倍で見て、Elmritがわずかに劣るか程度です。

Test 3


Angenieux P1 1.8/90 ---- Leitz Colorplan 2.5/90 ---- Leitz Elmarit 2.8/90 ---- Kino Plasmat 1.5/90
花にだけ日が当たる厳しい条件ですが、期待したほどの差は出ません。Kino Plasmatが少し滲む程度です。

Test 4


Angenieux P1 1.8/90 ---- Leitz Colorplan 2.5/90 ---- Leitz Elmarit 2.8/90 ---- Kino Plasmat 1.5/90
戦後の写真用レンズであるAngenieux P1とElmaritのコントラストの高さが目立ちます。Colorplanはプロジェクターレンズなので、この条件は不利かもしれません。

Test 5



Angenieux P1 1.8/90 ---- Leitz Colorplan 2.5/90 ---- Leitz Elmarit 2.8/90 ---- Kino Plasmat 1.5/90
川を逆光で撮影しただけなのですが、ものすごい色がついてますね。肉眼ではKino Plasmatの写真のように白です。Kino Plasmatにはコーティングかかかっていないので、ちゃんと描写できるのかもしれません。Angenieux P1とColorplanは、ピントの前がマゼンタ、後ろがシアンに着色されます。キヤノンの現行の1.8/85mmでも同じ現象が出ていましたので、これらのレンズが特に悪いというわけではないと思います。Elmaritはピントも前も後もマゼンタ。
Elmaritが不思議なのは、画面左上、つまりうんとピントがはずれたところでも、光る点の大きさが変わらないという点です。ピントが合ったところでも、ピントが外れたところでも光る点の大きさが同じというのが何を意味するのか不明ですが、何か特別な能力があるのかもしれません。
このような難しい条件で偽色が許されない場合には、Kino Plasmastを使えば良い、と言えなくもありません。

Test 6


Angenieux P1 1.8/90 ---- Leitz Colorplan 2.5/90 ---- Leitz Elmarit 2.8/90 ---- Kino Plasmat 1.5/90

Test 7


Angenieux P1 1.8/90 ---- Leitz Colorplan 2.5/90 ---- Leitz Elmarit 2.8/90 ---- Kino Plasmat 1.5/90
妙に遠景がかすんでいるのは、近くのたき火の煙のせいで、遠近感とか空気感とかではありません。
ピント面も明るさも少し違うので比較しにくいのですが、Angenieux P1の前ボケがちょっと気になります。後で追加テストが必要ですね。


P.ANGENIEUX PARIS F.90 1:1.8 TYPE P1 No 234342 (Ernostar type)






F=1.8-2.8, Right: Pixel crop


LEITZ WETZLAR GERMANY COLORPLAN 1:2.5/90mm (Unilite type)











F=2.5, Right: Pixel crop
Unilite型の特徴を見つけたかったのですが、特に際立たものはなく、普通のシャープなレンズでした。値段的にはタダ同然なので、コストパフォーマンスは高いです。


ELMARIT 1:2.8/90 LEITZ WETZLAR 2087437 (Hektor type)








F=2.8, Right: Pixel crop
安くHektor 1.9/73mmの雰囲気が味わえるというのが、このレンズの特長だと思います。


Hugo Meyer & Co Gorlitz Plasmat f:1.5 F=9cm Nr. 582679 (Kino Plasmat)









F=1.5-2.8
Kino PlasmatをF2.8で使うのは、なかなか楽しいです。Makro Plasmatが高くて買えないので、Kino PlasmatをF2.8に絞って代用したいと思います。