2009.8.15 Kamakura 鎌倉

Camera: EOS 5D
SIGMA-XQ MULTI-COATED 1:4 f=200mm Σ-701479
DALLMEYER SUPER-SIX ANASTIGMAT F/1.9 F=3" 371051
DALLMEYER SUPER-SIX  F=4" F/1.9 57xxxx
Hugo Meyer & Co Gorlitz Plasmat f:1.5 F=9cm Nr. 582679

お盆になって、やっと晴れました。SIGMA-XQのテストが主な目的。他にどのレンズを持っていこうか悩んだのですが、スーパーシックスとキノプラズマットにしました。重い。お盆の鎌倉は空いています。鎌倉駅と鶴岡八幡宮の間に少し人がいますが、それ以外はほとんど観光客はいません。


SIGMA-XQ MULTI-COATED 1:4 f=200mm Σ-701479















F=4.0-16.0, Right: Pixel crop, PictureStyle: Standard
これより上はキヤノン標準のピクチャースタイル”スタンダード”を使用しています。コントラストが高すぎて、すぐに色飽和するので、 緑や肌色を表現するのが難しいです。あえて苦難の道を行くといった感じのパラメータ設定だと思います。













F=4.0-16.0, Right: Pixel crop, PictureStyle: User Def. 3
やっぱりいつもの現像パラメータに戻すことにしました。コントラストを最低まで下げただけです。 これで色飽和しにくくなり、いいかげんな露出でも緑や肌や赤い花が普通に写るようになりました。

このレンズは意味不明のソフトマクロ機能のため第一印象は悪いのですが、慣れるとなかなか良いレンズです。 要するに開放では非常にソフトで、絞ればシャープなのです。200mmのソフトレンズも欲しいが、マクロレンズも欲しいし、 遠方は普通にシャープに撮りたいという複雑な要求に一本で応えることができます。リング状の前ボケを効果的に使っても面白そうです。


DALLMEYER SUPER-SIX ANASTIGMAT F/1.9 F=3" 371051



F=1.9, Right: Pixel crop, PictureStyle: Standard





F=1.9, Right: Pixel crop, PictureStyle: User Def. 3
このレンズはプロジェクタ用なので絞りが付いていないのですが、特に絞りは必要ありません。 カメラ用のスーパーシックスより相当安く、お買い得です。


DALLMEYER SUPER-SIX  F=4" F/1.9 57xxxx



F=1.9, Right: Pixel crop, PictureStyle: Standard












F=1.9-4.0, Right: Pixel crop, PictureStyle: User Def. 3
暑いですが、既に初秋の雰囲気です。なぜ蝉の抜け殻が土埃をかぶっているのかは不明です。


Hugo Meyer & Co Gorlitz Plasmat f:1.5 F=9cm Nr. 582679






F=1.5-4.0, Right: Pixel crop, PictureStyle: Standard
昨日レンズの反射を調べた時、コントラストを上げるためピクチャースタイルをスタンダードに変えました。 室内の説明写真ではこの方が分かりやすいのですが、晴天の屋外ではちょっと厳しいです。普段は撮影前にピクチャースタイルを確認するのですが、 この日は忘れていて、スタンダードのまま撮影をしてしまいました。上の”砂糖”とその次の参道の写真を見て、やっと間違いに気づいたのです。








F=1.5-4.0, Right: Pixel crop, PictureStyle: User Def. 3
やっぱりいつものパラメータの方がいいですね。Kino Plasmat 90mmは開放もいいですが、F4に絞った時のシャープさもなかなか良いです。