2009.7.25 Shibuya 渋谷

Camera: EOS 5D
Cooke 2/75 vs. 2/100 vs. 2/108

COOKE SPEED PANCHRO LENS No282574 75MM f/2
TAYLER-HOBSON 4 INCH f/2 COOKE COPYING 741016 M=1
COOKE ANASTIGMAT LENS No183063 4 1/4 INCH SERIES O f/2 (OPIC)

Speed Panchroの再々改造のテスト。COOKEのレンズを3本持ってました。梅雨明け後ずっと天気が悪かったのですが、やっと晴れました。


Cooke 2/75 vs. 2/100 vs. 2/108


Speed Panchro 2/75 --- Cooke Copying 2/100 --- Cooke Opic 2/108



Speed Panchro 2/75 --- Cooke Copying 2/100 --- Cooke Opic 2/108

Cooke Copying 2/100mmは工業用の等倍複写専用レンズだと思われます。3年ほど前にOPICだと言われて買ったのですが、もちろん一般的に言うOPICではありません。 まあ、COOKEのF2レンズのことを広い意味でOPICという人もいるかもしれませんので、絶対に間違いとも言えません。 絞るとシャープになるのですが、開放だとソフトレンズのようです。写りはXenon 1.4/90mm似ています。どちらも絞った状態で最適化されているのだと思います。

後ボケの大きさが全然ちがいますね。Opic 2/108mmだけボケが大きいです。50mmテストの時も感じましたが、 同じ焦点距離で同じ絞りでも後ボケの大きさはレンズによって異なるようです。工業用のレンズの場合には、 与えられたスペック範囲外の描写は全くどうでもよいわけですから、このような妙な描写になるのだと思います。 明るい工業用レンズは、なかなか面白いです。ただし、あまり人に自慢できませんし、高値で転売できる可能性もありません。


COOKE SPEED PANCHRO LENS No282574 75MM f/2






F=2.0, Right: Pixel crop

一応ちゃんと再々改造できているようです。開放からシャープで、ハリウッド映画に使われたというのも納得できます。


COOKE ANASTIGMAT LENS No183063 4 1/4 INCH SERIES O f/2 (OPIC)











F=2.0, Right: Pixel crop

今日はいつもよりハイライトが滲むように感じられます。100mm F2クラスの昔のダブルガウス型のレンズは、きれいに滲むレンズが多いようです。スーパシックス 1.9/100mmや、ガウスタッカー 2/100mmも似たような滲み方をします。


TAYLER-HOBSON 4 INCH f/2 COOKE COPYING 741016 M=1







F=2.0, Right: Pixel crop


F=2.0

しばらく使っていなかったのですが、これはかなりのクセ玉です。彗星のような放射状の後ボケが奇妙です。