2009.7.11 Hektor 日本民家園

Ernst Leitz Wetzlar Hektor f=7,3cm 1:1,9 No 235604

Hektor 1.9/73mmを再々改造している時、前玉が簡単に緩んでしまうので困りました。今までは前玉はフードの奥にあり、回すことなどできなかったのですが、薄いヘリコイドに交換したので自由に回せるようになりました。試しに前玉を緩めて1mmほど前に出して、EOS 5Dのファインダーを覗いてみると、見事なソフトフォーカス。タンバールに似ているかどうかは分かりません。前玉の緩め方によってソフト加減を自由に変えられるので、面白いです。

こんな簡単なことでソフトフォーカスが調整できるのなら、ライカ使いの人は昔からやってるんじゃないの、と思ったのですが、そうではないようです。前玉を緩めると、ピントが大きく手前に移動し、距離計が役にたたなくなります。

前玉を繰り出すと、ピントが手前に移動します。例えば無限遠にピントを合わせて前玉を1mmほど繰り出すとソフトになりますが、ピントは2mくらいの所に移動します。これを無限に戻すには、1mmほどヘリコイドを縮めなければいけません。従って、オーバーインフに改造した方が使いやすいということになります。



F= 1.9, Left: normal, Right: move front element forward



F= 1.9, Lefst: normal, Right: move front element forward



F= 1.9, Left: normal, Right: move front element forward



F= 1.9, Left: normal, Right: move front element forward




F=1.9, Right: Pixel crop


F=3.2, Right: Pixel crop




F=1.9, Move front element foward, Right: Pixel crop