2009.2.7 Nihon Minka-en 日本民家園

Camera: EOS 5D
Xenon 1.4/90 vs. Makro Plasmat 2.7/105 compare test 1
Xenon 1.4/90 vs. Makro Plasmat 2.7/105 compare test 2
Xenon 1.4/90 Test 3
Xenon 1.4/90 Test 4

Xenon 1:1,4/90 Schneider-Kreuznach 11792788 Eltro
Hugo Meyer & Co Gorlitz Makro Plasmat 1:2.7 F=10.5cm D.R.P. Dr. Rudolph


Schneider Xenon 1:1,4/90は、1971年頃に製造された工業用のレンズのようです。普通のシュナイダーの製造番号表を見て1971年だと言っているのですが、 果たしてこの表が工業用レンズの適用できるのかは分かりません。ずいぶんきれいなコーティングですので、まあ1971年くらいかなぁとは思います。 Webではこのレンズに関する情報は全く得られません。奇妙な点がたくさんあります。
● 割と新しいレンズなのに、開放F1.4では激しいフレアでソフトフォーカス状態
● 1:1,4/90と刻印されているので、90mmF1,4かと思ったら、110mmF1.9くらい
● 絞り輪のF22の所にロックがありF22が常用だと思われるのになぜ大口径?
● しっかりとコーティングがかかっているのに、順光でF22でもフレアが出る?
● 前方主点がずいぶんレンズの前にある(レンズ繰り出し量計算結果から)
● 90mm(実際は110mm)なのに、絞っても35mmフルサイズで周辺が甘い
もちろん奇妙な点が多ければ多いほど楽しめるので大歓迎です。はたして謎は解けるのか?


Xenon 1.4/90 vs. Makro Plasmat 2.7/105 compare test 1

Xenon 1.4/90

Xenon 1.4/90 Shrink -F1.4-----------F2.0-------------------------F2.8---------------------F4.0


Xenon 1.4/90 Pixel rop -F1.4---------F2.0-------------------------F2.8---------------------F4.0

Meyer Makro Plasmat 2.7/105mm

Makro Plasmat 2.7/105mm Shrink ----------------------------------F2.7---------------------F4.0


Makro Plasmat 2.7/105mm Pixel crop -------------------------------F2.7---------------------F4.0

開放ではボケボケでなんじゃこりゃという感じですが、F2.8でMakro Plasmatと比べると、十分シャープなようです。 F1.4とF2.0のソフトフォーカスは私には大変うれしいのですが、他に何かの役にたつとはとうてい思えません。


Xenon 1.4/90 vs. Makro Plasmat 2.7/105 compare test 2

Xenon 1.4/90

Xenon 1.4/90 Shrink -F1.4------------F2.0---------------------F2.8----------------------F4.0


Xenon 1.4/90 Pixel crop -F1.4------------F2.0---------------------F2.8----------------------F4.0

Makro Plasmat 2.7/105mm

Makro Plasmat 2.7/105mm Shrink ---------------------------------F2.7---------------------F4.0


Makro Plasmat 2.7/105mm Pixel crop -------------------------------F2.7---------------------F4.0

Xenon 90の方がMakro Plasmat 105mmよりも焦点距離が長いのがはっきり分かります。Makro Plasmatに比べると周辺が少し甘いようです。


Xenon 1.4/90 Test 3


Pixel crop -F1.4---------------------F2.0----------------------F2.8-----------------------F4.0----------

F4.0まで絞れば普通のレンズになります。シャッタースピードは1/6000, 1/3000, 1/1500, 1/750ですから明るさは同じはずですが、絞るにつれて空が暗くなって行くようです。


Xenon 1.4/90 Test 4

Shrink -----F1.4---------------------F2.0----------------------F2.8-----------------------F4.0----------

絞るにつれて描写が大きく変わるので面白いです。多彩な表現ができそうです。


Xenon 1:1,4/90 Schneider-Kreuznach 11792788 Eltro













F=1.4 - 5.6, Right:Pixel crop


F=1.4 Right: Pixel crop

F=22 Right:Pixel crop, direct light, flare from bright sky
順光ですが、明るい空からのフレアが入っています。開放ではフレアも大きくボケますので、画面全体のコントラスト低下のように見えますが、 絞るとフレアも絞られて線のように見えます。

F=22 Right:Pixel crop, cutting halation by hand
手でちょっとハレ切りをしてやるだけでだいぶ改善します。開放よりハレ切りの効果が分かりやすいです。


F=5.6, Right:Pixel crop
中間リングを入れてマクロ撮影。なかなかのものです。


F=1.4 - 2.0
大変楽しいレンズです。難点は、レンズの歴史研究、という私の方針からはずれることだけです。


Hugo Meyer & Co Gorlitz Makro Plasmat 1:2.7 F=10.5cm D.R.P. Dr. Rudolph







F=2.7, Right:Pixel crop


F=5.6, Right:Pixel crop
Makro Plasmatというだけあって、中間リングを使ったマクロ撮影でも優秀です。電子接点を取り除いた中間リングがあると便利です。 中間リングに電子接点があると、電子接点のない改造レンズはエラーになって使うことはできません。 接点にセロテープを貼って絶縁するだけでもOKです。